自己破産は最終手段 | お金を返さなきゃ…債務整理で借金生活を見直しましょう!

お金を返さなきゃ…債務整理で借金生活を見直しましょう!

自己破産は最終手段

「自己破産は最終手段」のイメージです。

自己破産は、裁判所に破産申し立てをし免責許可をもらうことで借金を0にすることが出来ます。その条件は債務者の負債の額や、収入、資産等といった状況から総合的に判断されます。
ここで人によっては考えがちなのが、もともと資産も無いし仕事せずに居れば自己破産出来るじゃん。ならがっつり借りておいて自己破産しちまえば俺の勝ちじゃね?そのあと人生建て直せばいいだけじゃね?ということです。
しかし、そんな簡単なものではないのです。自己破産をすると多くの問題も発生します。

まず自己破産をすることで、復権するまで新たな借り入れが出来なくなります。自己破産する状況というのはお金のめどが無い状況になりますので、大きく人生再建を目指そうとお金を改めて借りようという場合にはそれが不可能になるのです。
各種ローンやクレジットカードの作成等は低約5年から10年を経過しないと利用できないと言われています。
また、官報に住所と指名が破産者として載ってしまうということになります。かんぽうってなに?というと国が出している新聞です。

このようなデメリットがありますので、ほいほいと出来ることは難しいというところでしょう。自己破産は最終手段。するかどうかというのはギリギリまで考えておきたいものです。